株式会社イントゥリードはBtoB専門の営業支援マーケティング会社です。 独自の視点でテレマーケティングを語ります。 http://www.intolead.net Tel06-4705-5533

2015年08月12日

スクリプトの使いまわしは、なぜNGか

「御社のホームページを見てお電話していますが・・・・」

このフレーズで電話をかけてくる9割は騙し営業です。
sagi.jpg

あたかも客を装って電話をかけてくる営業マンやテレアポインターがいますが
どうして客をだまして、電話をするのでしょうか。
最終的なメリットは生まれるのでしょうか。

実はこのフレーズですが、数年前に、受付の女性を突破するために
使われていたトークフレーズです。
ホームページに掲載のある製品を名指しで、その製品の担当者を呼び出し、
直接、その製品に対しての販促ツールの案内や、抱き合わせ商材の案内など
電話でアプローチすることがありました。
sagiden.jpg

本来、受付が要件も聞かずに、なんでも切ってしまうことを防ぐために
使っていたフレーズですが、最近は、担当者に電話がつながってからも
バレバレですが
あたかも客のふりを継続して
とにかく「アポイント」だけを獲得しようとする悪質な営業会社が多いようです。

最終的に販売につなげたいのであれば、客に対する
不誠実な行為は即刻辞めたほうがいいでしょう。

しかも、そのような悪徳業者が蔓延しましたので、
「御社のホームページを見てお電話していますが・・・・」
これはもう古い! NGワードですから。

スクリプトは目的、トレンドで設計するものですので、
大昔に成功したトークがいつまでも使えるとは思わないことです。

会社の信頼・品質を下げるだけでなく、営業効果も望めません。

posted by 安陵 知佳子 at 16:40| Comment(0) | トークスクリプト